public void PlayDelayed (float delay);

パラメーター

delay遅延時間は秒単位で指定します。

説明

秒単位で指定した遅延で ref::clip を再生します。ユーザーは引数を 44.1 kHz のサンプリングレートを基準にして遅延時間を指定する古い Play(delay) 関数ではなくこの関数を使用することをお勧めします。

注意: この関数は遅延の引数で呼び出されるときに Play(delay) 関数を置き換えます。その関数の遅延は 44100 のサンプリングレートを相対的に参照して指定しなければなりませんでした。エンジンが異なるサンプリングレートで実行するときや音源が異なるレートのときなど便利です。遅延を秒単位で指定する働きはこれらと独立して動くようになります。