説明

"OnBecameVisible" は任意のカメラでオブジェクトが見えるようになったときに呼び出されます。

このメッセージはレンダラーにアタッチされているすべてのスクリプトに送信されます。 "OnBecameVisible" と "OnBecameInvisible" はオブジェクトが表示されるとき、必要に応じて計算を避けるために役立ちます。

Note that object is considered visible when it needs to be rendered in the scene. It might not be actually visible by any camera, but still need to be rendered for shadows for example. Also, when running in the editor, the scene view cameras will also cause this function to be called.

See Also: OnBecameInvisible, isVisible.