はじめに
アセットワークフロー

インターフェースについての学習

まずは Unity エディターのインターフェースに慣れてもらいます。メインとなるエディターウィンドウは、タブウィンドウのようにサイズや位置など再配置を行え、ウィンドウのグルーピングや、ドッキング/切り離しを行うことができます。

これは、エディターの見た目はプロジェクト、開発者ごとに違い、個人の設定や作業内容によるということです。

ウィンドウのデフォルト配置を使用すればほとんどの一般的なウィンドウに実用的なアクセスができます。まだ Unity の各ウィンドウについて詳しくないようであれば、タブの名前から識別してください。ほとんどの一般的で便利なウィンドウは以下のように、デフォルト位置に表示されます。

 


 

Project Window

Project Window はプロジェクト上で使用できるアセット一覧を表示します。アセットをプロジェクトにインポートするとこちらに表示されます。 その他の情報は Project Window を参照してください。

 


 

シーンビュー

シーンビュー は視覚的なナビゲートとシーンの編集を可能にします。シーンビューは作業しているプロジェクトの種類によって 3D や 2D での表示ができます。 より詳細な情報は シーンビューゲームビュー を参照してください。

 


 

ヒエラルキーウィンドウ

ヒエラルキーウィンドウ はシーンにあるすべてのオブジェクトを階層的にテキスト表示します。シーンの各要素はヒエラルキーに所属しています。そのため2つのウィンドウは本質的に繋がっています。ヒエラルキーはオブジェクトがどのように他のオブジェクトにアタッチされているかを明らかにします。 詳細は ヒエラルキーウィンドウを参照してください。

 


 

インスペクターウィンドウ

インスペクターウィンドウ では現在選択されているオブジェクトのプロパティーの閲覧と編集ができます。オブジェクトの数だけプロパティーの内容も違うため、インスペクターウィンドウの配置やコンテンツは異なります。 詳細は インスペクターウィンドウ を参照してください。

 


 

ツールバー

ツールバー から作業で使用するほとんどの要素にアクセスできます。左側にはシーンビューの計算や、シーンビュー内のオブジェクトに関する基本的なツールがあります。中央には再生、ポーズ、停止ボタンがあります。右側では Unity Cloud サービスや Unity アカウントへのアクセス、レイヤー可視化メニューや(エディターウィンドウの代替配置を提供し、オリジナルのレイアウトを保存することもできる)エディターのレイアウトメニューが提供されています。

ツールバーはウィンドウではなく、配置を変更できない Unity インターフェースの一部です。

詳細は ツールバー を参照してください。

検索ワード: lapwing

はじめに
アセットワークフロー